会議よりウェブミーティングのほうがメリットがある

インターネットが普及している現代では、会社で何かしらの会議が行われる際に、わざわざ参加者全員が、1か所に集まらなくても行う事が出来ます。インターネットに接続できる環境があれば、本社の会議室、支店の会議室などを用いて、簡単に会議を行う事が可能です。
また、通常の会議ですと、どうしても参加者全員が1か所に集まらないといけないため、念入りに時間の調節が行われます。重要な人が、その時間に会議に参加できないとなると、1からスケジュールを組み直さないと行けないなんて事もあります。
ですが、インターネットを用いた会議であれば、時間帯さえ合えば、参加者それぞれが、その時に何処にいたとしても、会議に参加をする事が出来ます。会議のために移動をするだけでも、沢山の時間とコストが掛かりますが、インターネットはそれらの手間やコストを削減する事が可能です。

どんなメリットやデメリットがあるのか

ウェブミーティングと一般的な会議とを比較すると、様々なメリットやデメリットが見えてきます。まず、一番のメリットは、場所を問わずに開催する事が可能だという事です。移動の時間や費用を削減する事が出来ますので、柔軟な働き方が可能となります。
また、遠距離にいて、普段はコミュニケーションを取らない相手とも、積極的にコミュニケーションを取る事が出来るようになりますので、よりお互いの業務について、細かい会議を行う事が可能となります。
ですが、インターネット環境が良くないと、どうしても音声品質が悪くなるというデメリットもあります。せっかくみんなが集まって会議を行っているのにも関わらず、肝心の音声が聞き取りにくいとなりますと、会議の進行が妨げられる事もあります。

TV会議とウェブミーティングは何が違うのか

同じ場所に集まって会議をしない方法は、ウェブを用いた方法とTVを用いた方法があります。TV会議は、専用回線を使用するために、音声や映像も安定した高品質を保つことが出来ます。ですが、初期費用がかなり高額になりますので、会社を立ち上げてあまり資金が無いと言う人にとってみれば、TV会議は導入するのが大変だと言えます。
ウェブミーティングであれば、初期費用が無い、もしくはあったとしても、TV会議よりも安いので、導入しやすいというメリットがあります。また、ある一定の期間だけそのシステムを導入したいといった場合でも、気軽に導入する事が出来ます。自分の会社の働き方や、何時でも気軽に遠方に居る人と会議をしたいといった場合には、ウェブを用いた方法が大変便利だと言えるでしょう。

Comments are closed.